顧問料の見積もり

お客様からお問い合わせをいただきます
まずはお客様から電話か問い合わせフォームにてお問い合わせください。
内容欄に電話番号等を記載いただければこちらからご連絡差し上げますので、お伺いする日時を決めましょう。
(原則3日以内にお伺いしています。業務終了後の夜間でも対応致します)
御社に伺いまして、業務内容の相談をします
約束の日時に御社に伺いまして業務内容の相談をします。
どこまで任せるのか、何をしてくれるのか、希望の金額はいくらか…等々お気軽に何でもお話し下さい。
3日以内に顧問料の提示をいたします
原則3日以内に相談内容を考慮して顧問料の提示を致します。
提示額にご満足いただければ御社に契約書を持参致します。
このとき、再見積もりも可能ですのでお気軽にご相談ください。
顧問契約の開始
実際の顧問契約のスタートとなります。

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット