名古屋の若手税理士のつぶやき

給与所得とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9480c730de84ec46802a67c291a7359e_m[1]

給料と給与所得の違い

サラリーマンやOLなど、給料をもらっている人の所得のことを給与所得といいます。
給与所得とは、給料、賃金、歳費、賞与及びこれらの性質を有する給与のことです。
ただし、一般的に考える給料や賞与だけが給与所得になる収入となるわけではありません。
商品券を含む有価証券の支給、昼食の弁当代、借り上げてもらった社宅の家賃、通勤手当などの会社負担分など、いろいろな物が給与になる収入とみなされます。
もっとも、このように給料や賞与、給与になる収入がそのまま「給与所得」になるわけではありません。
そこから「給与所得控除額」を控除した金額が、課税対象の「給与所得」となります。
つまり、
給料など-給与所得控除額=給与所得
となるわけです。
そして、この求めた給与所得の額をベースに所得税の計算をします。
給与所得控除額は以下の算式によって求められます。

収入金額 給与所得控除額
180万円以下 収入金額×40%(最低60万円)
180万円超 360万円以下 収入金額×30%+18万円
360万円超 660万円以下 収入金額×20%+54万円
660万円超 1000万円以下 収入金額×10%+120万円
1000万円超 220万円

このような表に基づいて給与所得控除額を計算します。
例を挙げて計算してみます。
例 給与所得となる収入金額 450万円
給与所得控除額 450万円×20%+54万円=144万円
給与所得 450万円-144万円=306万円

となります。

給与所得控除額の意味
ではなぜこのように給与所得控除額を定めているのでしょうか。
例えば、個人で事業を営んでいる事業所得者の所得計算には必要経費というものが存在します。
飲食に使ったお金などを必要経費にして税金を安くすることができるということです。
一方、サラリーマンなどの給与所得者にはそんな概念はありません。
しかし、サラリーマンなどの給与所得者も自腹でお客さんと酒を飲むこともあるでしょうし、会社に着ていくためのスーツや靴を買うこともあるでしょう。
自営業者は経費で落ちるのに、サラリーマンなどの給与所得者は落ちないというのでは不公平です。
ここで登場するのが給与所得控除額です。
実際に使った経費ではなく、給与所得控除額という概算で計算した金額を経費とみなして、でサラリーマンなどの給与所得者の経費を計上するということですね。
このように給与所得控除額とは、サラリーマンなどの給与所得者の必要経費としての意味合いを持っています。
表を見てもらえればわかる通り、給与収入の額が65万円までは給与等の全額が給与所得控除額になり、課税されません。
65万円経費がかかっているとみなしているということです。
給与収入の額が65万円を超える場合は、その収入金額に応じて給与所得控除額も段階的に増えていく、という仕組みになっています。
このように給与収入の額から給与所得控除額を控除した金額が、給与所得となるわけです。
給与所得の額がわかれば所得税の計算もできますので、ご自身の給与所得額を、一度計算してみるといいかもしれません。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓
ビジネスブログ100選



関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット