名古屋の若手税理士のつぶやき

所得と収入の違いって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
d9684a212f4fbdcfafeb55981376a56e_s

会計を勉強するときに、「所得」という言葉と「収入」という言葉がよく出てきます。
そして、これらをごちゃ混ぜにして理解している人が多いように見受けられます。
ですからここでその言葉の違いについて説明してみます。

収入と所得は全く違う

収入と所得は同じような意味で使われることが多いのですが、実際には全く違います。
「所得」とは、「収入」から必要経費を引いたもののことを言います。
そして、所得税は「収入」でなく、「所得」についてかかることなります。
ですから所得税という名前なんですね。
簡単な例で説明してみましょう。

例えば会社員が会社から給料をもらったとします。
そのとき、会社から支払われた給与の金額、これが「収入」になります。
少し専門的にいうと「給与所得の源泉徴収票」の支払金額です。

一方、給与所得控除後の金額が「所得」になります。
給与の場合は必要経費のことを給与所得控除額といいます。
そして、先ほども説明した通り、この給与所得控除後の金額に所得税がかかることになるわけです。

このように「収入」と「所得」は税金を計算する上では全く意味が違うことを知っておいてください。

必要経費とは

所得税法では10種類に所得を分類し、それぞれの所得の計算方法を定めています。
そして、原則として所得の計算は、収入金額から必要経費を差し引いて計算します。
それぞれに必要経費と同じ概念の計算方法が定められているということになります。
つまり、所得の種類によっては必要経費といわずに違う言い方をしていることがありますが、中身は必要経費と同じになるということです。

例をいくつか挙げてみます。
事業所得者の場合、事業所得の計算が必要です。
その際、売り上げや雑収入が収入金額になり、かかる経費は必要経費となります。
そして収入金額かた必要経費を差し引いた利益の金額が所得金額になり、ここに所得税がかかることになります。
これは単純ですからわかりやすいと思います。

これ以外の所得については必要経費とされるものを必要経費とは呼ばず、違う呼び方が定められています。

配当所得は「元本取得に要した負債の利子」、給与所得は「給与所得控除額」、退職所得は「退職所得控除額」、譲渡所得は「取得費・譲渡費用」、一時所得は「その収入を得るために直接支出した金額」、公的年金は「公的年金控除額」などといったように、必要経費と同じ概念のものを別の名前で呼んでいます。

いずれにしても、呼び名が変わるだけで内容的には必要経費と同じです。

所得税の計算の基本は、収入金額から必要経費を差し引いた所得金額に税金がかかるということを、所得と収入の違いから押さえてもらえるといいかと思います。


ブログランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓
ビジネスブログ100選



関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット