名古屋の若手税理士のつぶやき

一時所得とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_m[1]

一時所得とは
一時所得とは所得税の所得区分のひとつです。
さて、どんな所得なのでしょうか。
まず、一時所得の定義は、「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得」です。
これはどういうことかというと、所得の性質が営利目的以外の一時的なもので、労働や資産を売った対価とは言えない偶発的あるいは棚ぼた的に生じた場合のもの、ということです。
どういうものが一時所得になるか具体例を出した方がわかりやすいと思いますので紹介します。

一時所得となるもの
一時所得となるものは以下のようなものが挙げられます。

・クイズの懸賞や福引きの当選金
・競馬や競輪の払戻金
・生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
・法人から贈与された金品
・借家人が受ける立退料
・遺失物拾得者が受ける報労金

などが挙げられます。
なお、宝くじの当選金は非課税となります。
このうち、注意したいのが生命保険の保険金や損害保険の保険金です。
生命保険や損害保険の保険金は一時所得になりますが、そのすべてが所得税の対象となるわけではありません。
どういうことかというと、その保険料を支払った人が保険金を受け取った人以外であった場合には、その保険金は原則として贈与税の対象となるため、所得税は非課税となります。
逆に言ってしまえば保険料を支払った人と保険金を受け取った人が同じ人であれば一時所得として所得税の対象となる、ということです。
もう一つの注意点として、保険金の受取りといっても、心身の障害等により受け取った保険金や、入院保険金、火災保険金などはその性質を考慮して非課税となっているというところです。

一時所得の計算方法
一時所得の金額は、一暦年間の収入の合計(総収入金額)からその収入を得るために支出した金額(経費)を引いて、さらにその金額から50万円の特別控除額を控除して計算します。

総収入金額-支出した金額-特別控除額50万円=一時所得の金額

総収入金額には受け取ったクイズの賞金や馬券の払い戻し金、受け取った保険料収入などが該当します。
支出した金額には、馬券の購入代金や支払った保険料などが該当します。

一時所得の課税方法

一時所得は他の所得と合算して計算する総合課税の所得となります。
よって、必ず確定申告が必要になります。
その際、課税される金額に特典があり、一時所得の金額はその金額の合計額の2分の1だけ課税されることとなっています。
一時所得の金額自体は前段で説明した計算方法によるのですが、課税対象を計算する際にその金額を2分の1して課税総所得金額を計算することとなっています。
このように一時所得の金額は50万円の特別控除があったり、課税する際に2分の1をしたりと、大変優遇されている税金であるといえます。
その一方で忘れやすい税金であるともいえますので確定申告を忘れずに行うことが大切です。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓
ビジネスブログ100選



関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット