名古屋の若手税理士のつぶやき

所得税の税率はどうなっている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_m[1]

所得税の税率とは

所得税の計算をするにあたっては、所得の区分として総合課税の所得の計算方法と分離課税の所得の計算方法の2パターンに分けることができます。
このうち分離課税のものについては税率が定率で定められています。
一方、総合課税のものについては、課税所得に応じて7段階の税率が定められています。
つまり、分離課税以外の総合課税となった所得については、下の図のような税率と控除額を適用して所得税の税額が計算されることになります。
ちなみに、総合課税となる所得を列挙すると、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、不動産や株式を除いた譲渡所得、一時所得、雑所得の7種類の所得になります。

課税総所得金額(1000円未満切り捨て) 税率 控除額
1000円超 195万円以下 5% 0円
195万円超 330万円以下 10% 9万7500円
330万円超 695万円以下 20% 42万7500円
695万円超 900万円以下 23% 63万6000円
900万円超 1800万円以下 33% 153万6000円
1800万円超 4000万円以下 40% 279万6000円
4000万円超 45% 479万6000円

このような税率になっています。
課税所得が大きくなればなるほど、税率も高くなっています。
これは、所得が多ければ多いほど、たくさんの税を負担してもらう、という考え方に基づいています。
このような税体系を「超過累進税率」といいます。

実際に計算してみたら

では、実際に総合課税の所得を2パターンで、実際に税額を計算してみます。

例1、総合課税の所得 100万円
所得控除の額   20万円

(100万円-20万円)×5%ー0円=4万円

所得控除を引いた額に当てはまる税率をかけ、控除額を控除します。
この例では税率表の一番上に該当するため控除額は0となります。

例2、総合課税の所得 500万円
所得控除の額  150万円

(500万円-150万円)×20%-42万7500円=272500円

となります。
控除額を引くのを忘れないでくださいね。

復興特別所得税とは

今まで所得税額の計算を紹介してきましたが、実際にはこの所得税額に加えて、復興特別所得税というものが課せられます。
これは、東日本大震災からの復興に必要な財源を確保するために制度化されたもので、所得税額に2,1%の税率をかけたものを負担することとなります。
注意したいのは税率は所得金額でなく、所得税額に掛けて算出するということです。
先の設例2であれば、

27万2500円×2.1%=5722円

を所得税に加えて、復興特別所得税として納付することとなります。
期間は平成25年から平成49年までの25年間です。

最後に

所得税と復興特別所得税の税額の計算方法、わかっていただけましたか。
総合課税の所得額と所得控除の額が分かれば、簡単に計算できますね。
所得税は所得が増えれば増えるほど税率が高くなる仕組みになっていることを理解していただければ良いかと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓
ビジネスブログ100選



関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット