名古屋の若手税理士のつぶやき

寡婦控除とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8be5b584236f1c1943296befa2702767_s

寡婦控除とは

皆さん、寡婦という言葉を知っていますか。
寡婦とは夫と離婚した女性や、死別した女性を言います。
こういった方々は社会的にもハンディを背負っていることが多いことから税法上では寡婦控除という所得控除の特典を設け、少しでも税金上優遇できるようにしています。
今回はその中身について見てみます。

納税者本人がが寡婦であるときは、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを寡婦控除といいます。
寡婦控除には2種類あり、一般の寡婦と特定の寡婦がそれに該当します。
一般の寡婦と特定の寡婦では控除額が違っており、それぞれ以下の金額の所得控除を受けることができます。

区分 控除額
一般の寡婦 27万円
特定の寡婦 35万円

では次にはどんな人が一般の寡婦や特定の寡婦に該当するかを見てみましょう。

一般の寡婦控除の対象となる人の範囲

一般の寡婦控除と対象となる人は、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人です。

  1. 夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。
  2. 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などの要件はありません。

特定の寡婦控除の対象となる人の範囲

寡婦に該当する方が次の要件の全てを満たすときは、特定の寡婦に該当します。

  1. 夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人
  2. 扶養親族である子がいる人
  3. 合計所得金額が500万円以下であること

以上が一般の寡婦控除と特定の寡婦控除の対象となります。

寡婦控除適用の際の注意点
注意する点は扶養親族である子がいる場合です。
よくある間違いとして本人が事業を行っており、子が青色事業専従者になっている場合です。
青色事業専従者になっている場合には扶養親族に該当しないため、寡婦控除は受けられなくなります。
また、この扶養親族に関してですが、この扶養親族は必ずしも扶養控除の対象となる16歳以上という要件に該当しなくてもよいこととなっています。
ですから、扶養控除の対象とならない16歳未満の子に関しても、寡婦本人が扶養しいれば扶養親族に該当することになりますので注意してください。

寡婦控除の問題点

この社会的に弱いであろう寡婦を税制の面から少しでもバックアップしようとするのが寡婦控除なのですが、子の寡婦控除には問題点もあるといわれています。
なぜなら子の寡婦控除の要件に、「離婚または死別」という項目があるからです。
これでは一度結婚して離婚した人は寡婦控除の適用を受けられますが、そもそも未婚のシングルマザーは離婚も死別もしていないため、寡婦控除の適用を受けることができないのです。
同じシングルマザーですから同等にすべき、という議論もあります。
今後の税改正で「離婚と死別」だけに限られていた要件に、未婚のシングルマザーも入るかどうか、法改正が待たれるところです。

ブログランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです。

↓ ↓ ↓
ビジネスブログ100選



関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット