名古屋の若手税理士のつぶやき

領収書のもらい方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8209f62edca0599e753b474de59cb76e_m

領収書とは

領収書は、その品物、サービスの代金としての金銭を支払ったもの、という証明書です。
そういう意味ではとても重要な書類です。
節税を考える上で、会社の営業活動に使用したものであれば、確実に領収書の取得をしておきたいところです。
領収書は会社間の取引を明らかにするために使われます。
現金が動き、その対価を支払ったときに、お互いの取引関係を明確にするのに必要なものです。
ですから、税務署が調査をする際に、領収書は確認されることが多いです。
ですからきちんと提示できるように整理保存することが必要です。

領収書のもらい方

領収書のもらい方で大切なことは何点かありますが、その中でも特に大切なことは、経費となる領収書以外は受け取らないようにする、ということです。
会社のために使った経費の領収書かどうかが問題になることが多いので、なんでもかんでも受け取るのではなく、必要なものだけ取得する習慣をつけることが大切です。
その他の大切なこととしては、「あて先」と「ただし書き」のところをどうするか、ということです。
「上様」ではだれに支払ったのか特定できませんし、「品代」では何のために支払ったのかがわかりません。
領収書を見て誰が受け取ったか、また、どんなサービスや品物を受け取ったかを明確にしておかないと、経理担当者も困りますし、税理士も困ります。
また、税務署の調査官もその取引について怪しむことになると思われます。
ですから必ずあて先は会社名で、ただし書きは具体的な内容で記入してもらうことが大切です。

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット