名古屋の若手税理士のつぶやき

税理士の業務内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_m[1]

税理士とは

税理士とはどんな人でしょうか。
よく「税金のことは税理士に聞け」と言われます。
確定申告時によく耳にするフレーズですね。
節税や記帳の時には税理士の存在は欠かせないと思われます。
一言で税理士を言ってしまえば、税理士とは税の専門家です。
くわしく言うと、税務に関する専門家として、独立した公正な立場で納税の適切な実現を図ることを目的、使命とされている専門家のことです。
ここでのポイントは、「独立した公正な立場」というところです。
これはどういうことかというと、税理士はあくまで中立であるということです。
依頼者である会社にも税務署側にも偏ることなく、税法等の法律に則った処理やアドバイスをしなくてはなりません。
当然ですが脱税の手引きや不当に税金を減らすような指導やアドバイスは絶対にしません。

税理士の仕事とは

では具体的に税理士の仕事とは一体どのようなものなのでしょうか。
これは大きく分けて5つの仕事が存在します。
①税務代理
②税務書類の作成
③税務相談
④財務書類の作成
⑤会計帳簿の記帳代行
となります。
このうち①~③は独占業務と言われているもので、税理士以外の人は法律上できないこととなっています。
④と⑤は税理士以外の人でも行うことが出来ます。
ただし、税金の計算をする上で帳簿書類の作成は欠かせないものであるため、この二つも税理士の業務の範囲内といえます。

どんな税理士を選ぶべきか

これらの業務内容から言って、税理士は節税のアドバイスをできる唯一の存在であるといえます。
ではどんな税理士を選んだらいいのでしょうか。
税理士にも様々なタイプがあり、一概にこのような税理士がいい、とは言えません。
若い税理士はフットワークが軽いでしょうし、年配の税理士は経験が豊富でしょう。
ですから度の税理士がいいかはケースバイケースです。
要するに会社の状況や立場を考慮してくれて、正確な処理ができるようにアドバイスをしてくれる税理士を選ぶべきです。
税理士と良い関係を築いていれば節税はそれほど難しいものではありません。
会社の立場や状況を理解してくれる税理士を選んでいきたいものです。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 9480c730de84ec46802a67c291a7359e_m[1]
    売掛金・買掛金とは売掛金の管理は会社経営にとって重要な事柄の一つです。
  2. 38c16ab71e10df4f922003bfa0ddc6e8_m
    固定資産で節税税金の計算をする際に、見積額で計算することはほぼありません。
  3. 8209f62edca0599e753b474de59cb76e_m
    領収書とは領収書は、その品物、サービスの代金としての金銭を支払ったもの、という証明書です。
  4. 479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_m[1]
    会社にかかる税金とは会社には様々な税金がかかります。
  5. 6d5f6156f551071a87741ee3da705c2f_m
    資本とは会社における資本とは一体なんでしょうか。

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット