名古屋の若手税理士のつぶやき

赤字の場合の納税意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
963286d3e143832a6fe64d80114fbb05_m[1]

赤字の場合の節税

自分の会社はそもそも赤字だから、節税なんて必要ない、といった経営者の声をよく耳にします。
実際、日本の会社の赤字決算の割合は8割近い数字になっています。
赤字決算の場合には利益が出ていないわけですから基本的に法人税の納税が免除されます。
したがって節税も必要ないというのはある意味正しいといえます。
しかし、赤字だからといって節税対策を講じないのは危険な面があるといえます。
また、税金を払わないんだから帳簿もいい加減につくっている経営者も多いです。
赤字であれば税金がかからないのだから帳簿もきっちり作成しなくていい、という考えですね。
節税の本質は、無駄な税金を払わない、ということに尽きると思います。
法律に則ったやり方で、税金の負担を軽くしようとするのが節税です。
赤字だから節税しなくてもいい、とかそういう次元の話ではないのです。

正確な帳簿を作る意味

帳簿を作って正確な数字にまとめる本来の目的は、会社の経営状況を把握して、今後の経営戦略や対策を練っていくことです。
ですから何より大切なのは正確な帳簿を作成するということなのです。
法律に則ったやり方で節税を実行するためには、何よりもまず正確な帳簿を作ることが必要です。
不正確な帳簿は、会社の経営に悪影響を及ぼします。
不正確な帳簿を作り続けていると、正確な経営上の数字を把握できなくなり、さらに赤字を積み重ねてしまうといった悪循環に陥ってしまうことになります。
ですから大切なことは、赤字であっても正確な帳簿をつくり、そこから無駄な税金を支払わなくてもよくなるように戦略を練りましょう。
赤字であろうとなかろうと、正確な数字を把握することは、会社を経営していく上での最も重要な事項であるといえます。
正確な数字で帳簿をつくることを意識した経営を行うことが大切です。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m[1]
    社宅のメリットよく受ける質問として、社宅を利用したほうがいいのか、というものがあります。
  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_m
    役員賞与とは従業員に支払われる給料は経費となり、法人税の計算をする上でも損金に算入できます。
  3. 25be99321077d527672110e4a7eed382_m[1]

    2017.11.30

    役員給与とは
    役員給与とはよく中小企業では会社のお金と社長個人のお金の区分が明確でないケースがあります。
  4. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
    役員貸付金とは「役員貸付金」とは、法人の役員がその法人の資金を持ち出した時に、その金額を表示...
  5. 03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_m
    未払費用で節税未払費用というのは企業会計原則からいうと、計上することが当たり前の費用となって...

ブログランキングに参加しています

色々なブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくれるとうれしいです。 ビジネスブログ100選 ブログランキング ドット ネット